新着情報・最新の解決事例

埼玉県 A.C様【頼りになりそうと感じた】

    ■相続に関して不安だったこと困ったこと、大変だったこと     相続の手続について、全体像がイメージできず、何からはじめて良いかわからなかった。 ■当社へ相続を相談した理由、もしくは当社を知ったきっかけ     インターネットにあった情報をきっかけに、自宅から近かったので ■当社のサービスを受けて良かったこと     具体的に必要な書類について要求があ
続きを読む >>

相続税申告後に現金が見つかった!対処法のご案内

公開日:2021-12-23 さいたま市浦和・大宮を中心に相続税のご相談を承っています。埼玉あんしん相続相談室です。 故人が所有していた財産すべてを相続人が把握してすることは、相続税の申告の上で大切な事ですが、相続人も予期していなかった現金が申告後に見つかることもあります。 もし申告前なら財産に含めて相続税の算出をし直せばよいですが、申告後だった場合はもう一度申告をしなければならないのかと悩
続きを読む >>

相続税の相談はどこへ?税理士?司法書士?弁護士?

公開日:2021-12-07 さいたま市浦和・大宮を中心に相続税のご相談を承っています。埼玉あんしん相続相談室です。 相続にまつわるご相談はさまざまです。 相続が発生したから相続税がいくらか気になっていたり、申告の依頼を考えている方もいます。 それ以前に相続発生前の生前対策としての節税や贈与について相談したい方もいるでしょう。 では、その場合どこに相談すれば良いのでしょうか。 &nbs
続きを読む >>

相続税の金額を知るには財産の評価額を調べよう

公開日:2021-12-06 さいたま市浦和・大宮を中心に相続税のご相談を承っています。埼玉あんしん相続相談室です。 家族が亡くなって、ある程度の資産を保有していたとなると相続税がかかるか気になるでしょう。 相続税額を知るためには、どのような資産があって、どれくらいの評価額になるか調べる必要があります。 この記事では資産の中でも金融資産について解説します。 現金、預貯金は相続発生日の
続きを読む >>

亡くなった人が借金の連帯保証人に!?相続はどうなる?

公開日:2021-12-3 さいたま市浦和・大宮を中心に相続税のご相談を承っています。埼玉あんしん相続相談室です。 借金の連帯保証人とは、お金を借りた人とともに返済をしていかなければなりません。 では、亡くなった方が借金の連帯保証人になっていた場合、どのように申告や手続きを進めたらよいでしょうか。相続人は借金の返済義務があるのでしょうか。 この記事では亡くなった方が借金の連帯保証人になって
続きを読む >>

相続人が亡くなったら相続税の申告はどうなるのか

公開日:2021-11-30 さいたま市浦和・大宮を中心に相続税のご相談を承っています。埼玉あんしん相続相談室です。 家族が亡くなり、続けてその相続人が亡くなることがあります。 2つの相続が発生したことになります。この場合、ほかの残された相続人は2つの相続手続きを進めることになり、戸惑うかもしれません。 この記事では、相続税の申告前に続けて相続人が亡くなった場合の申告について解説します。
続きを読む >>

相続税の負担増をおさえる?配偶者居住権とは

公開日:2021-11-29 さいたま市浦和・大宮を中心に相続税のご相談を承っています。埼玉あんしん相続相談室です。 夫が亡くなって、妻が自宅を相続しました。それは二人が暮らしていた家です。 亡くなったあと、相続税の計算を税理士にお願いしたところ、自宅の評価額がとても高いことが分かりました。相続税が払えません。 自宅を売却して、納税資金に充てるしかないのだろうか・・?せっかく2人で暮らして
続きを読む >>

相続で「直系尊属」「直系卑属」とは?相続人としてはどうなる?

公開日:2021-11-26 さいたま市浦和・大宮を中心に相続税のご相談を承っています。埼玉あんしん相続相談室です。 相続税を計算する上で相続人が何人いるか確認する必要があります。 そこで相続人ってどこまでなのだろう?と疑問がわき、ネットで調べてみると「直系尊属」「直系卑属」という言葉を目にすると思います。 あまりピンとこない言葉です。どなたを指しているのか解説します。  
続きを読む >>

相続税は節税ができる税金と知っていますか?

公開日:2021-11-25 さいたま市浦和・大宮を中心に相続税のご相談を承っています。埼玉あんしん相続相談室です。 相続税は基礎控除金額の引き下げにより、相続税が発生する方が増えました。 それにより相続税の節税に対する関心も増えました。 できるだけ税金は少なくしたい、と思う方も多いでしょう。 この記事では相続税の節税対策についてご案内します。   相続税の節税対策は「
続きを読む >>

小規模宅地等の特例は住民票と実際の住まいの住所が違う場合適用できるのか

公開日:2021-11-22 さいたま市浦和・大宮を中心に相続税のご相談を承っています。埼玉あんしん相続相談室です。 相続税を抑えられる特例のひとつに「小規模宅地等の特例」があります。 土地の評価が最大80%減額することができる特例ですが、適用には要件を満たす必要があります。 ただ、住民票の住所と実際に住んでいる住所が違う場合適用できるのか?という問題になることがあります。 住民票と実際
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
ご相談は無料です、お問合せ・ご予約はお気軽にどうぞ 0120-234-567 受付時間9:00-18:00 夜間土日祝日要相談 浦和駅から徒歩5分 ネットでの相談予約はこちら
  • 無料相談はこちら
  • 料金表はこちら
  • 新着情報はこちら